ボールペンの名入れはどんな印刷方法があるのか

一概に名入れのボールペンって言ってもどんな印刷方法があるのでしょうか?

「ボールペン 名入れ 印刷方法」の検索結果

Googleは賢く優しいので知りたい言葉を検索窓に入れれば、欲しい方法が載っているサイトを教えてくれるんですよね。

色々な印刷・名入れ方法がわかりました。

  • シルク印刷
  • パッド印刷
  • レーザー彫刻
  • インクジェット印刷

ボールペンの名入れには上記のような印刷方法が対応しているようです。

ただ、レーザー彫刻はメタル素材のボールペン向きなので、ノベルティグッズというよりは高めのボールペンに行うので記念品向けの名入れ方法ですね。

ノベルティ向けに多いのは、「シルク印刷」「パッド印刷」のいわゆる1色名入れではないかなと思います。

展示会で貰ってきたボールペン
展示会で貰ってきたボールペン

このように印刷色は違えど、印刷自体は1色で印刷されているボールペンが多いような気がします。
コーポレートカラーなどは指定があるので何でもいいから1色印刷というわけにはいかなと思いますが、このような企業ロゴであれば1色印刷になることが多そうです。

正直どちらがシルク印刷でパッド印刷なのかは判断できませんが、本数によって手法を変えたり、印刷所の設備や得手不得手、人員など色々考慮した上でどう印刷するかは決まるのかなと勝手に思っています。

展示会で貰ってきたボールペン

こちらはカラーになるので、おそらくインクジェット印刷なのかな?とますが。印刷部分の重なりがない場合はシルク印刷やパット印刷の多色印刷も可能ではあると思いますが版が3版になったり刷る回数も増えるのでコストが高くなることもあります。

企業ロゴではなく、サービスや製品のロゴは複数色で構成されることも多いので、そういうロゴを印刷したい場合は、インクジェット印刷で行うことが多いであろうと思います。